鍋の締めといえば何か

鍋の締めといえばご飯を入れたおじやを思い浮かべるでしょう。鍋料理の種類によってはうどんを入れる場合もあるかもしれません。しかし、どんな鍋料理にも合うのがご飯です。土鍋ではご飯自体を炊くこともできます。土鍋でお粥や雑炊、ピラフやちまき、さらにはビビンバ風のご飯まで作ることができるのです。鍋料理を楽しんだあとに、そんな風に締めを楽しむのもいいかもしれません。土鍋は日本の風土や食文化の中で育てられてきた調理器具だけあって、お米という食材ととりわけ相性がいいようなのです。その相性のよさは真っ白なご飯を炊いてみれば一目瞭然でしょう。びっくりするほど美味しく炊けるのです。そして基本的なご飯の炊き方をおさえたら、いろいろな具材や調味料を炊き込むアレンジご飯に挑戦してみましょう。鍋料理の残ったものを活用することができます。これが鍋の締めというわけです。例えば鯛の刺身をいれて炊くお刺身鯛めしなんていかがでしょうか。家で鯛めしを楽しむことができるのです。最近人気のトマト鍋があります。こちらは最後にご飯と卵を入れるとオムライスのようになって味を楽しめるのです。子どもにも大人気です。ホワイトソースやミートソースを入れた鍋では、最後にご飯とチーズをいれて簡単ドリアとして楽しめます。マカロニなどを入れてもいいかもしれません。水炊きをしたあとはご飯を入れて雑炊になります。色々な鍋で締めを楽しんでみましょう。

関連情報
http://www.ebarafoods.com/sp/kimuchinabe/