トマトすき焼き鍋について知ろう

変わり鍋として、トマトすき焼き鍋というものがあります。トマトの酸味と甘辛のすき焼き味で食がすすむ鍋です。トマトは完熟したものを使うといいでしょう。まずニンニク1かけとセロリ1本をみじん切りにします。玉ねぎ1個はスライスして、クレソン2束は食べやすい大きさに切ってください。トマト6個はすりおろします。土鍋にオリーブオイル適量とニンニクのみじん切り、セロリのみじん切りを入れて中火で炒めます。玉ねぎとトマトのすりおろしを土鍋に加えて蓋をして少し蒸らしましょう。酒100ml、みりん大さじ3、砂糖ひとつまみを入れて少し煮てから、しょうゆ大さじ3を入れます。このだしに、牛肉500gとクレソンをしゃぶしゃぶの要領でサッとくぐらせていただきましょう。最後にお好みでお餅を入れて、チーズをパセリをふって食べるのもいいでしょう。

カレー鍋について知ろう

どんな具材を入れても相性バツグンのカレー味の鍋があります。野菜は何を入れても大丈夫です。締めにうどんを入れて絶品のカレーうどんにしてもいいでしょう。玉ねぎ1個、ピーマン2個は食べやすい大きさに切ります。シメジは石づきを取ってほぐしておきましょう。しょうゆ3分の2カップ、お酢3分の1カップ、日本酒大さじ2、ニンニクのみじん切り小さじ2、ショウガのみじん切り小さじ2、玉ねぎのみじん切り大さじ3を合わせてタレを作ります。土鍋にバターを入れて火にかけ、小麦粉大さじ3とカレー粉大さじ1を加えて炒めます。ブイヨン2と2分の1カップを少しずつ加えてのばしていきましょう。牛乳1カップを加えて煮立て、野菜と豚肉400gを入れます。火が通ったらタレをつけていただきます。