土鍋のメリットを知ろう

鍋といえば冬に活躍するイメージがあるかもしれません。しかし鍋を冬にしか使わないなんてもったいない話です。土鍋には金属の鍋とは違う良さがあるのです。そのメリットを活かして、様々な料理を作ってみてはどうでしょうか。土鍋の利点をいくつか見ていきましょう。まず、土鍋は熱の伝わり方がやさしくて、温度調節が簡単なのです。土鍋は金属製の鍋に比べると温まるまでに時間がかかりますが、そのぶん冷めるのもゆっくりなのです。急激な温度変化が少ないので、温度調節がしやすく、じんわりと熱を伝えるのが得意なのです。煮込み料理は具材の中までじっくりと火を通すことができるうえに、煮崩れもしにくくなるのです。そして保温性が高い土鍋は、余熱での調理も可能なのです。金属製の鍋はコンロの火を止めた瞬間から温度が下がりはじめます。しかし土鍋は火を止めた後も鍋肌に蓄えられた熱によって内側の温度があがって、その後にゆっくりと温度が下がっていくのです。つまり土鍋は火を消してからでも、余熱での調理ができるのです。この性質のおかげで煮物などをよりしっかりと味がしみ込んだ状態に仕上げられるのです。土鍋は電子レンジでも調理もできます。アイデア次第で調理の幅が広がります。また遠赤外線効果でふっくら、ほっこり仕上がります。遠赤外線には、細胞の水分の動きを活発にして温める働きがあります。陶器は加熱するとその遠赤外線を放射するのです。それによって、食材の芯まで熱を伝え、ご飯はふっくらと、煮物はほっこりと仕上がります。土鍋は蓋に空気穴があるので、中の液体が沸騰しても蓋をしたままの加熱ができます。蒸し器としても使えるのです。

生命保険の相談を大阪でするならマネモ
保険ショップの情報を随時更新